アパート建築と税金

アパート建築時には土地や建物の購入費用以外に税金がかかります。
国税と地方税があり、国税は複数の種類が建築時に発生するのですが、順番に解説します。
なお、国税としては印紙税、消費税、登録免許税がかかり、地方税としては不動産取得税がかかることになり、金額が異なるのが特徴です。


まず印紙税ですが、これはアパート建築にあたって売買契約を交わしたり、ローンの契約を交わしたりする際に書類を取り交わすタイミングで必要になります。
消費税は課税標準に対し現在の消費税率をかけた分がかかり、土地は課税対象ではありません。
建物に関しては建築や購入時にローンを組むと住宅ローン控除が受けられます。
そして登録免許税ですが、登記をするときに課税されるのが特徴で、新築と中古では税率が異なり、全社のほうが負担額が低くなります。


次に地方税ですが、不動産取得税は建物や土地を取得すると発生するのが特徴です。
取得した建物や土地の金額に対し、現在の税率をかけた金額が課税される形になります。
国税も地方税もアパート建築では大きな金額が動く分、税額も高くなる傾向があるといえるでしょう。


なお、当サイトではアパート建築時にかかる税金のほかにも、毎年かかる税金についても説明します。
また、知っておくと嬉しい税金の軽減措置や相続税の節約方法も紹介しますので、アパート関連の税金の知識を深めたいという人や、得をしたいと思っている人は一読してみてください。


<PICK UP>
アパート建築費の見積りを一括で請求出来るサイトです => アパート建築 見積り

Copyright © 2014 アパート建築にかかる税金って? All Rights Reserved.